トップページ > こんな症状の方が来院されます > 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの症状

 

ヘルニアを診断を受けた患者さんが当院には

多く来院されます。

脊椎疾患の中で最も多くの方がかかる疾患です。

主な症状

腰やお尻に強い痛みで、立ったり座ったりするのが

辛くなります。

重症の方は、お尻から足の裏にかけてしびれが起こり

歩くのも困難なケースもございます。

 

椎間板ヘルニアが本当に腰痛の原因?

 

激しい腰の痛みや足のしびれをなどの症状で、

整形外科でレントゲンやMRIで検査をすることで

ヘルニアの確定診断をするのですが、最新の研究結果では

 

なんと腰痛や足のしびれは

必ずしもヘルニアが原因ではない!!

 

ということなんです。

下の図は、腰痛がない無症状の方を対象とした研究です。
痛みが無いのにも関わらず、椎間板ヘルニアは76%にみられ、椎間変性は85%にみられます。

 

つまりほとんどの方が今腰に痛みや、しびれがなくても

病院で検査をすればヘルニアが見つかる

可能性はかなりたかいということなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※これは国際腰痛学会で発表されたもので

VOLVO賞を受賞されていますが、

どれくらいすごい賞かといいますと

腰痛の研究におけるノーベル賞と

言われるものですので信頼度はとても高いです。

 

なので痛みや、足のしびれがでたからといって、

慌てて手術をしたところで、ヘルニアは確かに治るかも

しれませんが、

あなたが求めているのは

ヘルニアを治すことではなく、

腰の辛い痛みや足のしびれを

治すことですよね。

そのためには必ずしも

手術することが最適とはなりません。

ゆがみ・腰痛なおしのプロだからわかること

 

そもそもなぜヘルニアになるのかわかっていません。

でも長年からだの形・姿勢を専門的にみてきた

「しんそう療方」だからこそわかることはあります。

 

ヘルニアの多くは右側に椎間板が飛び出すのです。

整形の教科書や骨模型にもヘルニアがありますが

右側に飛び出してるのが多いのです。

それは単純に重心が左に傾ているかたが、およそ8割くらい

だからです。自転車の信号待ちを観察してみると

ほとんどの方が左足で支えているのがわかります。

自転車のスタンドも左足を軸に、右足で操作しますよね?

 

すこし話はそれましたが、圧倒的に左重心が多いのです。

そして、たくさん左側に体重などの圧力が加わることに

よって、右側に押し出されるようにとびだすのです。

ヘルニアの再発が多いのも実は姿勢がゆがんだままだから

また飛び出すのです。

すごい!椎間板ヘルニアの施術

 

椎間板ヘルニアだからといって特別変わったことはしません。

腰の痛みや坐骨神経痛などおしりから足にかけてのしびれ症状

などは筋肉の左右のバランスや癖が原因で起こっているので、

筋肉緊張部は弛緩させ、逆にあまりつかってない弱い筋肉には

刺激をいれて緊張するように誘導します。

左右の筋肉の癖がとれてくると、背骨や骨盤はきれいに中心にくるんです。

飛び出したヘルニアはレントゲンをとっても変化しないかも

しれませんが、あなたが悩んでいた症状は確実に回復していきます。

まっすぐな体になれば、椎間板に過度な圧力はかからなくなるので

飛び出したヘルニアは自然に体内へ吸収され自然治癒するケースも

とても多いです。

 

 

お問い合わせはこちら
地図

しんそう整®玉造には大阪市天王寺区・中央区・東成区・玉造・などからもご来院いただいています。