トップページ > こんな症状の方が来院されます > 膝痛でお悩みの方へ

膝痛でお悩みの方へ

膝痛でお悩みの方へ

 

 

膝の痛みの8割の原因が実は

筋肉から起こっているってご存知でしたか?

膝の痛みで悩まれいている多くの人が、膝の関節【骨や軟骨】

が悪くなっていると思っている方が多いと思います。

レントゲンでは骨しか写りません。そのため膝関節の内側が

狭くなっているとか、軟骨がすり減っているなどよく言われる

ためです。

確かにレントゲン画像では内側が狭くなっているケースはかなり多いと

思いますが、その多くは筋肉の緊張(収縮、縮み)している

状態が原因で痛みがでています。

膝の痛みの原因は大きく分けて

2種類あります。関節の外側内側です。

 

・最も多い関節の外側が原因の膝痛

関節の外側というのは、関節軟骨や靭帯の外側にある

筋肉から痛みがでているものです。基本的に骨や軟骨から

痛みがでることはありません。

なぜなら骨や軟骨には痛みを感じる神経がないからです。

例えるなら爪を切っても痛みを感じないのと同じです。

軟骨がすり減って膝のクッションがなくなっても

痛みを感じる事はありません。

 

なので膝の痛みの8割は膝関節の

外側にある筋肉(正確には筋膜)の

炎症によるものがほとんどなのです。

 

これは同業者の間でもまだあまり

知られていませんが、右の膝が痛む場合と

左の膝が痛む場合でも原因が異なります。

 

最も多いのは、右足の

左足に多いのは

あくまで割合の話ですが・・・(;^ω^)

同じ膝の痛みでもいろんな原因があります。

 

☆膝の痛みでは次の事を注意しましょう!!

・原因を特定せずに筋トレをしても悪化する場合があります

・膝回りの筋肉をむやみに指圧やもみほぐしをしない

・ストレッチで伸ばし過ぎると逆効果になります

・レントゲンだけでなく筋肉の状態を調べる

・痛み止めの薬や注射で誤魔化し続けない

・長期間の膝痛は変形性膝関節症の原因になる

当院での施術の特徴

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら
地図

しんそう整®玉造には大阪市天王寺区・中央区・東成区・玉造・などからもご来院いただいています。